植樹地募集


植樹地募集のお願い

みなさまの土地に、津波最大到達点に桜を植えさせてください。
桜ライン311では、東日本大震災による大津波被害の記憶を桜で残し、未来に同じ悲しみを繰り返すことがないよう後世に伝える活動を行っています。
陸前高田市内の津波の最大到達点に桜を植樹し、桜並木をつくり、もし再び大きな津波がやってきても、この桜よりも上に逃げて命を守ってほしいと考えています。
土地をお持ちでなくてもお知り合いの方や、お近くに植樹可能な場所がありましたらご紹介をお願いいたします。
時間と共に記憶が薄れてしまう中で、皆さまの記憶や知識、ご協力を必要としています。
桜の苗木

植樹に関する確認事項

スタッフ
  • 植樹した桜の所有権は、土地の所有者さまのものとなります。
  • 植樹および維持管理にかかる費用はすべて桜ライン311が負担するものであり、土地の所有者さまには発生いたしません。
  • 植樹場所選定については、原則として津波到達地点から「海側へ20m、山側へ30m以内」「高低差下1m、上2m以内」としています。
  • 植樹する桜の間隔は10m以上空ける必要があります。
  • 桜の品種については、土地の所有者さまのご希望、植樹地の環境を鑑みて桜ライン311がお取り扱いしている品種よりお選びいただけます。

桜の品種

桜ライン311で取り扱いしている桜は、原則として塩害や病虫害に強く、長命の品種となります。植樹地の環境や土地の所有者さまのご希望などをおうかがいしながら決定いたします。品種は以下の通りです。

■大島桜(オオシマザクラ)

春に鮮緑の葉の成長と共に少し大きめの白い花を咲かせる野生種の桜です。大きいもので樹木の高さは10~15mに達します。街路樹や庭木として利用され、木材は木炭や建材の材料としても用いられます。

■大山桜(オオヤマザクラ)

花弁が淡紅色をしていることから別名、紅山桜(ベニヤマザクラ)とも呼ばれ、成長すると15mほどの高さになります。春に葉の成長とほぼ同時に開花します。葉の柄やガク、樹皮にも赤色を帯びているのが特徴です。

■紅枝垂桜(ベニシダレサクラ)

江戸時代から栽培されている品種で、樹齢1000年を超える古木も存在する長命の桜で知られています。枝がやわらかく長く垂れるのが特徴で、春に紅紫色の花を咲かせます。
※あまり大きくならない品種など、状況により上記以外の品種についても検討いたします。ご希望がありましたらお気軽にご相談ください。

白い桜の花ピンクの桜の花

植樹地募集の流れ

まずは、お問い合わせからでもお気軽にご連絡ください。お問い合わせ、お申し込みは、電話、ファックス、メール、または直接事務所にお越しいただく、いずれの方法でも可能です。

電話 / ファックス: 0192-47-3399
メール: info@sakura-line311.org
担当: 伊勢 / 佐々木

■流れ

お申し込みからの植樹までの流れは以下のようになります。日程については、植樹時期などにより変動することがございます。あらかじめご了承ください。

お申し込みからの
おおよその日程
1 お申し込み
〜10日 2 お打ち合わせ
※事務局よりご連絡いたします。
※植樹についてのご説明をさせていただきます。
10〜20日 3 植樹地の確認を行います。
※植樹箇所の確認、品種の決定、状況に応じて整地なども行います。
※可能な限りお立ち会いをお願いしております。
20日〜 4 植樹日程を決定し、ご連絡いたします。
※植樹会の開催は春(3 月) または秋(11 月) となります。
植樹日 5 桜の植樹を行います。
※植樹会参加者または桜ライン311のスタッフで行います。

※メール受信でドメイン指定をされている方は、@sakura-line311.org の指定解除をお願いいたします。
※情報の取り扱いについてはこちらをご覧ください。>>> 「プライバシーポリシー」へ