桜ライン311について


活動趣旨

私たちは、悔しいんです。

2011年3月11日、東日本大震災が発生し、1時間以内に東北各地を津波が襲いました。陸前高田市でも多くの人が時間を止めました。その後、「実は、今回と同規模の津波が三陸沿岸を飲みこんだ記録や痕跡がありました。」との、ニュースが流れていました。10mを超える津波の可能性が、震災前から声高に叫ばれていれば!震災前の防潮堤には、限界があることを知らされていれば!津波によって奪われた命は、もっと少なくて済んだのではないか?その思いが、今も頭を巡ります。

私たちは、悔しいんです。

その思いを同じくする者が集まり、「桜ライン311」を立ち上げました。次の時代が、この悔しさを繰り返すことのないように、今回の津波の到達点を桜の木でつなぎ、後世に伝えたいとおもいます。現在、瓦礫撤去が進み、津波の到達点がぼやけ始めている今、一日も早く、やりたいんです。でも、私たちだけでは、限界があります。皆さんの力を貸してください。お願いします。

津波の被害を受けた陸前高田市街地青空と桜の花

団体事業

消防団員の後ろ姿活動の様子岡本翔馬代表満開の桜

桜ライン311では、岩手県陸前高田市内約170kmに渡る津波到達ラインに10mおきに桜を植樹し、ラインに沿った桜並木を作ることで、後世の人々に津波の恐れがあるときにはその並木より上に避難するよう伝承していくことを活動としています。

■桜の植樹事業

岩手県陸前高田市内で約170km。東日本大震災の津波到達点を桜でつなぐ桜並木植樹事業。

2011年に任意団体として発足して2回、2012年秋からは特定非営利活動法人として植樹会を行い、これまでに陸前高田市内に832本の苗木を植樹してまいりました。現在は、春と秋、年2回の植樹を基本軸とした活動に加え、2013年春からは獣害などによる枯死が見受けられたことから、これまでに植えた全ての苗木の状態観察と手入れ、獣害対策の作業を始めました。

2013年秋には、地元の中学・高校の生徒さんとの植樹会を開催しました。未来のまちづくりの中心となる若者たちだからこそ、植樹体験が防災・減災への意義や行動につながる機会になってほしいと、その重要性を感じています。震災体験のない世代が生まれてくるこれから、同じことを繰り返さないための地域教育の一環としてつづけてゆきたいと考えています。

しんきんの絆 ロゴ※本事業は、「『しんきんの絆』復興応援プロジェクト」「Yahoo!基金」の助成をいただき実施しております。

Yahoo基金 ロゴ

■普及&啓発事業

津波のこわさ、備えの重要性を子孫の世代まで風化させないための普及・啓発事業。

全国各地の様々なイベントで講演をさせていただき、東日本大震災の被害の風化防止、災害に対する正しい知識の普及・啓発を行っております。

特に市内外の大学や高校などの教育機関においての講演やパネルディスカッションにも積極的に参加し、未来に向けての事業と位置づけ、これからを担う若い世代の方々との交流を大切にしています。

また、自然災害に対しての減災活動に取り組む団体として、住民の方々に笑顔が戻る復興への協力を活動の一環として取り組んでいます。2013年11月にフィリピン共和国を襲った台風30号(ハイエン)被害に対して、市内での募金活動を行いました。2014年のセルビア共和国での洪水被害、広島県で起きた土砂災害、2015年のネパール連邦民主共和国での大地震、多くの命や日常を奪ってしまう自然災害に心を痛めながらも、人間がお互いに助け合うことの尊さを経験している陸前高田だからこそできることを行動にしていきたいと思います。

■政策提言事業

桜並木をそれぞれの地元のまちづくり計画の一部として活用してもらえるよう提言する事業。

現在、岩手県における復興祈念公園基本計画検討調査有識者委員会における協働ワーキンググループなどを通して国営のメモリアル公園等との連携など視野に入れた情報交換を国や市町村、様々な団体と行っています。

桜並木をつくることが街の文化となり、歴史となり、桜と街と人とが支え合うまちづくりに貢献してゆくことを考えております。

進捗状況を皆様にお伝えし、当法人の活動趣旨、方向性をしっかりと理解していただけるよう努めて参ります。

活動実績

植樹実績 1020本
植樹箇所 212箇所
ボランティア参加人数 のべ3,133名

2016/3/31現在

about_7

団体概要

メンバーの集合写真 桜ライン311トラック
主催 認定特定非営利活動法人 桜ライン311
法人格取得 2012/05/01
認定法人格取得 2014/05/01
代表 岡本翔馬
副代表 東平享浩 中井勝義 菅野学
事務局長 岡本翔馬
所在地 岩手県陸前高田市高田町字大隅93-1
高田大隅つどいの丘商店街9号
電話番号 0192-47-3399 (faxも同じ)
メール info@sakura-line311.org
WEBサイト http://sakura-line311.org

沿革

2011年10月16日 任意団体 桜ライン311設立
2011年11月06日 団体初の植樹会を開催
2012年05月01日 特定非営利活動法人 桜ライン311
2013年03月09日 植樹実績累計500本を突破
2013年07月01日 岡本翔馬 代表就任
2014年05月01日 認定特定非営利活動法人として認定

受賞

2012年 一般財団法人日本ファッション協会
日本クリエイション賞 受賞
2014年 公益財団法人日本デザイン振興会
GOOD DESIGN AWARD 2014 金賞 受賞
2015年 一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会
第1回ジャパン・レジリエンス・アワード 優秀賞 受賞
2016年 公益財団法人ソロプチミスト日本財団
社会ボランティア賞 受賞

 

定款

特定非営利活動法人桜ライン311定款20130919

報告書

平成27年度事業報告書20160727
平成27年度活動計算書20160727
平成27年度財産目録20160727
平成27年度貸借対照表20160727
平成27年度注記事業別経費の状況20160727

事務局スタッフ桜のつぼみ