2015年7月11日東京都立教大学で行なわれる「陸前高田NPOキャラバンin東京」に参加致します。


ポスター

2015年7月11日に立教大学さんにて行なわれるイベント
「陸前高田NPOキャラバンin東京」のNPOセッションに、
代表の岡本が出席をさせて頂きます。
http://rtnpocaravan.jimdo.com
今までの4年間、そしてこれからの4年間について
会場にてお話をさせて頂きます。

戸羽市長にもご講演を頂き、
これからの陸前高田のまちづくりについて話すだけではなく、
来場の皆さまと「対話する」イベントになっています。
陸前高田市内の約10団体が参加致します。

入場料は、参加団体へのドネーションチケット(300円×2枚)を含めて、
1500円となっています。
プレゼンテーションと対話をして頂き、
是非応援したい団体へ投票してくださいませ!

以下HPからの転載です。

陸前高田NPOキャラバンin東京

2011年3月11日から4年が経過しました。
本格化する復興・まちづくりには、多くの人の参加と連携が必要です。
本イベントでは、これからも私たちがつながり続けるための可能性を、
NPOと行政の視点から提案します。
ぜひ、私たちNPOの活動を知り、寄附で活動に参加することをきっかけに
陸前高田とのつながりを見つけに来てください。

日 時:2015年7月11日(土)13:00~17:30(12:00開場)
場 所:立教大学 池袋キャンパス9号館(大教室)
入場料:1,500円(ドネーション付きチケット)
申込み:ホームページの参加申し込みフォームからお申し込みください。
URL:http://rtnpocaravan.jimdo.com/
<プログラム>
13:00  オープニング
◇戸羽 太 陸前高田市長 基調講演
◇市長とNPOのディスカッション
テーマ:『これからの4年、NPOは他のアクターとどう連携していくか』
①:地域コミュニティ
~仮設住宅を含む陸前高田の地域コミュニティの現状から~
②:リピーター・ファンの獲得
~何度も来たいと思うまちづくりに、若い世代はどう関わるか~
◇各団体のブースにて活動報告・意見交換
“NPOが復興・まちづくりに関わる意義とは?”
“連携を生み出すために必要なことは?”
“関東にいながら出来ることって?”
ご来場いただく皆さんと直接お話をしながら、
これからの4年に向けた意見交換
17:30  クローズ

主催:陸前高田NPOキャラバンin東京 実行委員会
共催:陸前高田市
協力:立教大学
後援:岩手日報社・東海新報社
助成:認定NPO法人 ジャパン・プラットフォーム

<お問い合わせ先>
陸前高田NPOキャラバンin東京 実行委員会 事務局
住所:〒029-2205 岩手県陸前高田市高田町字大隅 93-1 高田大隅つどいの丘商店街内 11号
TEL:0192-47-4776 / FAX:0192-47-4778
E-mail:rtnpocaravan@gmail.com

フライヤー表/裏
チラシ【表】縮小版
チラシ【裏】縮小版
※上記リンクからダウンロード可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。