支えるチカラ「柴田航太郎」


今回は、陸前高田在住の柴田航太郎さまをご紹介します。
当団体との出会いは2016年。
植樹会の運営ボランティアが足りず、以前より交流のあった事務局の矢作がお声がけしたのがキッカケでした。

当時まだ高校生で、寡黙で丁寧に仕事をこなす、貴重な若者の協力者でもありました!
社会人となった今でも関わり続けて下さっていることに感謝です(^^)
実は弟さんも、市内の卒業生向けに開催している「学校植樹会」に参加しており、家族みんなでこの活動に賛同下さっていることが本当に心強いです!

「今後も活動に参加して地元の一人として、将来につなげられればいいなと思う」
と話す柴田さま。高校では農業の勉強をし、草刈りや剪定もお手の物!
とのことで、是非桜ラインの桜守としても活躍していただきたいと思う伊勢です(笑)
柴田さまのような若い世代の協力者を増やしていけるよう、市内への周知にも努めていかなくては!

伊勢友紀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。