桜ライン311事務局だより「全箇所確認スタート!」


今年も「全箇所確認」がスタートしました。

全箇所確認とは、これまでに皆さまに植樹していただいた桜をすべてチェックして生育状況の記録、剪定、支柱直し等のお手入れをする作業です。
1本1本の作業はさほど多くありませんが、植樹地の草刈りも同時並行で行うので、1,704本ともなるとかなり大変な作業になります。

草が生い茂り、人が入り込めないような状態になってしまった場所や斜面が急で、桜に近づきにくい場所にも植樹されています。
また桜が藤のツルに絡みつかれそのまま放置してしまうと桜の幹が折られてしまうこともあるので、こまめにツルの根元部分を切って絡みつかないような作業を行っています。

現在1,704本中1,260本の確認が終了しています。
6月に入ると気温もグッと上がってきますので、体調管理に努めながら作業を進めています。

太田海

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。