支えるチカラ 「音楽室さくら咲la さま」


今回は大阪から当団体に愛を届けて下さっている「音楽室さくら咲la 」さまのご紹介です。オーナーのYさま(写真:右)は購入されたギターが被災地に所縁のあるものだったそうで、ネットを検索しているなかで当団体の活動を知って下さったとのこと。
もともとセレッソ大阪の大ファンで、桜グッズを揃えるのがお好き(笑)
※「セレッソ」とはスペイン語で桜の意味になるとの事。大阪市の市花とされる桜。

という桜つながりのご縁もあり「桜ライン311に勝手に繋がる大阪」という名前でライブやバザーなどを開催し、収益の一部をご寄附いただいたり、マンスリーサポーターとしても支えて下さっています。いつも様々なかたちで応援して下さっていることに心より感謝です!

「(コロナが)収束したらイベントや練習などで気軽にスタジオも使ってほしい」とのメッセージもいただきましたので、お近くの方はぜひ問い合わせしてみてくださいね。
実は、伊勢は大阪でお会いする機会があったのですが、とっても情熱的な方で桜への特別な思いを感じました!
Yさま、これからは「勝手に」といわずお互い繋がっていきましょうね(^^)

【音楽室さくら咲la さま】
大阪府大阪市阿倍野区天王寺町北2丁目3-5
(JR寺田町駅から徒歩2分 )

伊勢友紀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。