陸前高田トピックス「陸前高田市民文化会館オープン」


4月11日(土)アバッセたかたの東側に建てられた「陸前高田市民文化会館」(愛称 「奇跡の一本松ホール」)の開館記念式典が行われました。

12日(日)には一般公開の内覧会が行われ、13日(月)から利用が開始されています。
ホールの客席は、固定席625席(1階454席、2階171席)、車いすスペース8区画(1階4区画、2階4区画)、親子席7席(2階)の640席で、震災前の市民会館のホールと同規模になりますが、2階車いすスペースが増えています。

従来の市民会館機能および中央公民館機能を併設した複合施設として、文化芸術および生涯学習の場として、また、地域の人と協働して、広く世界へ陸前高田の「想い」を発信する拠点として多くの利用が期待されていますが、現在、新型コロナ感染拡大防止のため、5月6日まで臨時休館となっております。

1日も早く震災前のような賑わいが戻ることを願っています。
(閉館日は、毎月第3火曜日(祝日の場合は翌平日)と12月29日から翌年1月3日まで。)

佐藤一男

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。