支えるチカラ 「埼玉県熊谷市 井上信男さま」


桜ライン311を長く支えていただいている井上信男さまをご紹介します。
桜ライン311とのお付き合いは「桜ライン311」という団体名を決めたあたり(2011年9月)から。というので8年以上です。
2011年から佐藤一男のツイッターをフォローしていて桜ライン311の活動を知り、以来、毎月支援金を送り続けていただきながら、桜ライン311のツイッターやフェイスブック投稿を拡散してくださっています。

東日本大震災の時、井上さまは熊谷市のマンションにいました。
熊谷市でも震度5強という大きく長い揺れでしたが、井上さまが暮らすのはマンションの6階で揺れを大きく感じ、何もすることできず、買ったばかりのテレビを押さえるのに夢中だったとか。
それ以来、年に2~3回、BRTや三陸鉄道に乗って陸前高田だけでなく、石巻から久慈市まで食べて泊まって友達を作って歩き、各地の復興を見てきてくださいました。

毎年、「頑張ってね」と「今回で最後かも」を笑顔で言い続ける井上さま、いつまでもお元気でいてください。
いつか一緒に大きくなった桜のラインを眺めましょう。

佐藤一男

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。