支えるチカラ 「桜ライン311上田 久保田由夫さま」


今回は長野県上田市からご参加いただいている「桜ライン311上田」の皆さまをご紹介します。チーム名からも当団体への愛が伝わってきますね(^^)
代表の久保田由夫さま(写真:手前左から2番目)は以前、仕事で陸前高田に訪れたご縁から知人も多く、震災直後よりボランティアに通い続けてくださっています。
こうして継続しているのは2011年に戸羽市長から言われた
「今は注目されているかもしれないが、数年先もどうか忘れずにいてほしい」
という言葉が原動力になっているのだとか。
桜ライン311の活動も今まで植えた桜が確認でき、将来に実を結ぶプロジェクト内容が気に入って毎年ご参加くださっているとのことで、本当にありがとうございます!

先日の台風で上田市も大きな被害がでてしまい心配しておりました。
当団体理事の小川が製作した防災映画「いつか君の花明かりには」の上映会が上田市でも8月に開催されたばかりで
「この映画を見て備えることができた住民も多いのではないか」
という言葉に、震災を伝えることの責務を感じます。
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますとともに、上田と陸前高田が今後も繋がっていきますように。

伊勢友紀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。