2014年3月1日、東京早稲田にて国際ボランティアシンポジウム「復興後のまちづくり」にて講演させて頂きました。


IMG_7509

2014年3月1日、東京早稲田奉仕園にて行なわれた
国際ボランティア学会さまのシンポジウム「復興後のまちづくり」にて講演させて頂きました。

IMG_7510

講演をさせて頂いたのは、
第一部のシンポジウム「復興後のまちづくり」。
パネリストの皆さまは以下の通りです。
日下部尚徳氏(文京学院大学助教)
―バングラデシュのサイクロンにみる貧困と被災の連鎖
野際紗綾子氏(難民を助ける会元東北事務所長)
―障がい者と災害復興:課題と展望
岡本翔馬氏(桜ライン311 代表理事)
―陸前高田の復興とまちづくり
長純一氏(石巻市立病院開成仮診療所長)
―仮設住宅支援から地域包括ケアシステム構築への取り組み
そしてファシリテーターは震災以降お付き合い頂いているHANDSの中村さま。

IMG_7507

桜ライン311を通してのまちづくりについて、
一人の出身者として、20分程お話をさせて頂きました。
様々な視点での「震災後のまちづくり」は大変勉強になりました。

ご来場頂きました皆さまありがとうございました。

IMG_7512

国際ボランティア学会
http://isvs.hus.osaka-u.ac.jp/index.html
早稲田奉仕園
http://www.hoshien.or.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。