現在、植樹会の参加者を募集していません。

植樹会


桜ライン311の植樹会。テレビでは伝わらないことが津波到達地点にはあります。その場所に立ち、津波の足跡を残す植樹を。どうすれば命を守れるのか?を考えるきっかけになればと願っています。

参加する皆さまへ

私たちがお越しいただく皆さまと植樹会を開催する目的は、防災・減災への取り組みの一環と考えています。だからこそ、皆さまには植樹会のお手伝いをしていただくボランティアではなく、植樹会への参加者として、募集を行い、お迎えしています。
実際に津波到達地点に立つ。足元にあるのは、当たり前の日常があった場所です。目の前に広がるのは当たり前を失った非日常の世界であり、今の現実です。その場所で亡くなった尊い命への鎮魂の想いと、もう同じことは繰り返さないという現在と未来への警鐘として植樹を行います。その体験を通して、もし自分が住む場所で大きな自然災害が起きたら自分の命をどう守るのか、と考えるきっかけにしていただきたいと願っています。
参加をご希望の皆さまには、あらかじめご理解のほどよろしくお願いいたします。

株式会社リコーさまの機材提供のご協力による「植樹会体験動画」です。
2018年3月10日に開催した植樹会を追体験できる、360度動画となります。VRゴーグルとイヤホンをつければ、まさに植樹の現場にいるような体験が可能です。(VRゴーグルは100円ショップのセリアでも購入可能ですので、この機会にぜひVR体験をしてみてください。​)
ご覧いただくと植樹会1日の流れが理解しやすいかと思います。是非ご覧ください。

植樹会の注意点

※お申し込み前に必ずご確認ください

植樹会当日は9:30~15:30間の作業時間の確保をお願いいたします。

植樹地は、傾斜の大変厳しい箇所を含みます。体力に自信の無い方や、病気・怪我をされている方はご参加をお控えください。

お申し込み人数が30名を越える場合は、事前にご相談ください。

集合場所まで自力で移動をお願いいたします。また、2名以上でお越しの際には必ず車両をご用意ください。

駐車場に限りがあるため、可能な限り、乗り合いで台数を減らしてご参加くださいますようお願いいたします。

大型バスでのご参加はご遠慮いただいております。普通車でのご参加をお願いいたします。植樹会参加日にバスからレンタカーなどに乗り換えて参加する場合も、バスで集合場所にお越しにならないようお願いいたします。

雪・路面凍結が予想されます。スタッドレスタイヤなど、対策を万全にお越しください。

当日は汚れても問題ない服装でご参加下さい。軍手(厚手のものもしくは皮製のものがお勧め)、水、タオルなどがあると安心です。

事前にボランティア保険に加入の上ご参加ください。未加入の方にはご参加いただけませんのでご了承ください。ボランティア保険には各自治体の社会福祉協議会で加入できます。その際、必ず「天災タイプ」へご加入ください。詳しくは、「ふくしの保険」http://www.fukushihoken.co.jp/(株式会社福祉保険サービス)

高校生以下の参加の場合は、必ず保護者(成人している必要があります)と一緒にご参加ください。

植樹会の参加は自己責任です。安全管理等にはくれぐれもご注意ください。万一植樹会参加中に事故等発生した場合にも、桜ライン311では責任を負いかねます。

ボランティア活動証明書が必要な方は、お申込みの際にお申し付けください。

お申し込みの流れ

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
募集時には、下記の流れでお手続きとなります。
※メール受信でドメイン指定をされている方は、@sakura-line311.org の指定解除をお願いいたします。 ※情報の取り扱いについてはこちらをご覧ください。 >>>「プライバシーポリシー」へ

1 「植樹作業申込書」をクリック
※エクセルファイルのダウンロードが始まります。
2 申込書へ必要事項の入力
※必要事項があらかじめ記載されております。
3 申込書をメールに添付&送信
※メールアドレス info@sakura-line311.org
4 申込受付確認のご連絡
※事務局よりご連絡いたします。
※参加受入の決定のご連絡ではありません。
5 お申し込み締め切り
※期日を必ずご確認ください。
6 事務局より参加受入受理、不受理のご連絡
※こちらが決定のご連絡となります。
7 植樹会詳細のご連絡
※内容を必ずご確認ください
8 植樹会当日
※お気をつけてお越しください。