国土交通大臣表彰手づくり郷土(ふるさと)賞「手づくり郷土賞(一般部門)グランプリ」を受賞致しました。


国土交通大臣表彰手づくり郷土(ふるさと)賞「手づくり郷土賞(一般部門)グランプリ」を、
この度桜ライン311が受賞させていただきました。

てづくり郷土賞はこのような地域活動によって地域の魅力や個性を生み出している
良質な社会資本とそれに関わった団体のご努力を表彰するものです。
また、これらの好事例を広く紹介することで、
各地で個性的で魅力ある郷土づくりに向けた取組が一層推進されることを目指しています。
「手づくり郷土賞」は昭和61年度に創設され、
平成28年度で31回目の開催となる国土交通大臣表彰となります。
一般部門に選定をいただいた後、1月末日に東京で行われたプレゼンテーションに
常務理事の伊勢が出席させていただきまして本年度のグランプリを受賞させていただいております。

冒頭の写真は3月5日に行われた受賞式のものです。
田中良生国土交通副大臣と戸羽太陸前高田市長をはじめとして
多くの方にご参加いただきまして陸前高田キャピタルホテルにて授賞式を執り行っていただきました。

これからも多くの方に防災を伝えながら
魅力ある陸前高田の復興にささやかではありますが尽力してまいりたいと思っております。

受賞に致しましては多くの皆さまの応援があってこそのものだと思っております。
この場を借りて厚く御礼申し上げます。

桜ライン311 代表理事 岡本翔馬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。